スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

The Least 100sec

こんにちはー
あんまり遊戯王触ってませんが、EP13で追加された魔導書、クレッセンとエトワールについて書きます。

魔導書庫クレッセン
通常魔法
自分の墓地に「魔導書」と名のついた魔法カードが存在しない場合に発動できる。
デッキから「魔導書」と名のついた魔法カード3種類を選んで相手に見せ、
相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
相手が選んだカード1枚を自分の手札に加え、
残りのカードをデッキに戻す。
「魔導書庫クレッセン」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、
自分は「魔導書」と名のついたカード以外の魔法カードを発動できない。
遊戯王カードWikiより引用)

正直これが一番大きいと思います。
発動条件が厳しく初動でしか発動する機会はほぼありませんが、それでもこのカードによって初動の安定感はかなり増したと言えると思います。
神判を発動した後に発動することができないのは少し残念ですが、グリモの魔導書や魔導書の神判など動きの起点となるカードをサーチできる可能性があります。
また、墓地に存在するこのカードをセフェルの魔導書でコピーする場合は発動条件、発動後の誓約効果などは特にありません。
このセフェルでコピーできる点はかなり大きく、手札に魔法使い族モンスターがいるとき限定ですが、グリモの魔導書を加えるのを失敗した場合でも、もう1度チャンスがあったり、神判が加わったあとこのカードを発動すればカウントを1つ稼いだ上でグリモの魔導書を加えるチャンスにもつながります。
これらの点から事故が発生することもそれなりにあった魔導も安定感が高くなったと考えられます。

魔導書廊エトワール
永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分または相手が「魔導書」と名のついた魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
自分フィールド上の魔法使い族モンスターの攻撃力は、
このカードに乗っている魔力カウンター数×100ポイントアップする。
また、魔力カウンターが乗っているこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
このカードに乗っていた魔力カウンターの数以下のレベルを持つ
魔法使い族モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
遊戯王カードWikiより引用)

このカードもかなり大きい存在です。
ミラー戦ではこのカード1枚先に発動することで攻撃力がバカにならないぐらいの差が付きます。
また、征竜戦では魔導書を1枚発動するだけで霊滅術師カイクウの攻撃力が1900になり、リアクタン単体で倒すことができない数値になります。
3枚以上発動すると裏守備で置かれたストリームなども超えて行けます。
さらに1枚の発動で魔導法師ジュノンの攻撃力が2600なり、ヴェルズ・オピオンに単体で戦闘破壊されず、ジェムナイト・パールでようやく相討ち、という形になりヴェルズから見てもかなり脅威となるカードです。
回収できる効果も魅力的で、ミラー戦ではジュノンの効果などで自分から破壊することで、ドロール&ロックバードを手札に加えたりすることができます。
タイミングを逃すのでジュノンの効果にチェーンしてサイクロンなどで破壊されてしまうと回収できませんが・・・。
地味ですが永続魔法でかつ発動条件などもないので、神判のカウントを楽に1つ分稼ぐこともできます。
以上のことからかなり仕事ができるカードですので、今後の魔導にも欠かせない1枚となると思います。

他に追加された魔導書庫ソレインや魔導書の奇跡などもありますが、現在のトーナメントシーンで使われている魔導では、発動条件の厳しさなどから採用は難しいと思います。

基本的なことしか書いてませんので「そんなん知っとるわー!」みたいな感じかもしれませんがそこはご容赦ください><
エトワールに関しては知ってる人いてもクレッセンの強さなどを知らない人がちらほら見受けられたので書いてみました。

今後は月1~の更新となると思います、何か大きい大会やCSなどに出たらそのレポもその都度書いていこうとは思いますが、こういった考察などの記事はあまり得意ではないのでそんなに書けません;;
ヴェルズに関してはそれなりに知識があるつもりではいるので、希望などがあれば書くかもしれません。

では今回はこの辺で。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト
2013-05-30 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ザンフェス3(すりぃ)レポ

こんにちはー
ザンフェスに行ってきました!
初見の方と対戦したりできてよかったです。

追記から対戦レポートです。

続きを読む

2013-05-07 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Votum Stellarum

お久しぶりです!
大学が始まったりでいろいろ忙しく更新できませんでしたがGWということで更新します。

・近況
大学が忙しいですねー。
火曜に実験があるためにレポート書く時間として月曜は1限だけという形にしてますが、火曜の実験を含めて週3回5限があり課題や宿題に追われています・・・。
まぁ今まで遊んでたツケが回ってきているだけなのでしっかり乗り切ろうと思います。
余裕ができたらバイトなども始めていきたいですね、スマフォが欲しいです(切実

・遊戯王
大学が忙しいこともあり、あまり手を付けれてません。
変わったことと言えばヴェルズをやめたことでしょうか。
1月の途中からヴェルズを使い続けてきましたが、征竜や魔導とのスペックの差が覆ることはなく、多少の事故(先攻でオピオンが立たない、モンスターがいない)や、大嵐に屈するなど納得のいかない負けが多く、どれだけプレイングで差を縮めようと思っても縮まらない部分に耐え切れず投げだしました。
とは言っても、これに関しては3月下旬あたりから感じていたことなので仕方がないかな、って思ってます。
今は地元の友人に魔導を借りて使っています、ヴェルズを売ったお金で引くのも視野ですが、引いてまで遊戯王をする暇があるか、ちょっと悩んでいる部分も多いです。
マッチでの勝率は悪くないです、初めてまともな大会に出たのがカメレオンクラブ古淵でのWCS店舗代表戦。
戦績は4-1で征竜に事故、手札抹殺からのワンキル、ホビステ町田非公認も2-1でインフェルニティに大嵐、事故で負けた以外は勝っています。
魔導に関してはカイクウ、ジョウゲン、セフェル、ゲーテ、アルマ、ラメイソンのような事故がたまーにあるのが惜しいですね(実際にやりましたw
征竜にドロール&ロックバードがメインから入ってきてるのがちょっと厳しいですが、ケアできないわけではないのでヴェルズよりはそれなりに頑張れます。
ミラーに関してはちょっと難しいのでフリーなりで勉強しながらやっています。
今はGW中なので触れていますがGW過ぎたらまた考えることだけしかできなくなります・・・。
魔導・征竜の2強の現環境はプレイヤーには不評らしく、CSの数や参加者の数も減っているようです。
自分も魔導や征竜以外使う気にはなれませんし、上手なプレイヤーの方にプレイや構築の面で勝つことは触れる時間の問題で無理、と判断してCSの出場は控えようと思いました。
第2回JDCがあるかも?のような話を鳥のさえずりのようなもので耳にしたので、それは予定を合わせて行けたらいいなーと思っています。


・今後の予定
■5/5(日) ザンフェス3(すりぃ)

に参加する予定です。
参加される方はよろしくお願いします!

それでは今回はこの辺で終わります。
ザンフェスのレポはたぶん更新すると思います。
2013-05-03 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。